ペイ初心者の心境。現金派にも分かってほしいその仕草。

ペイの準備と心の準備をしている

f:id:koujikunma:20191113164612j:image

だーれもお客さんが並んでいないのに、レジの1m前で立ち止まり、スマホ片手に何かを取り組んでいる人。

こんな人を見かけたことがありませんか?

もしかしてペイ払いの準備をしているのかもしれません。

 

現金決済からペイ払いに慣れるまでは心の準備が追い付かない。

ペイのアプリを取り入れて実際に使ってみようと試みた時の気持ちは

  • 本当にバーコードを見せるだけで良いのか?
  • 「〇〇ペイでお願いします」という文言を伝えるだけでよいのか?

こんな気持ちで支払いに望んでいます(多分)。

 

「は?」とか聞き返されたら答えようがないし、店員がレジの操作方法を分かっていないと客としてはどうにも対処できません。 

楽天ペイを使っている私の場合は「楽天ペイでお願いします」と言えばいいのか、「楽天でお願いします」と省力して言うべきなのか相当迷い込みましたね。

今ではすっかり慣れてしまい「楽天で~」まで省略しています(最近のセブンイレブンでは「楽天」と言わずとも店員は決済方法を分かっているような気がします。)

 

そしてこの不安要素に打ち勝ち、やっとの思いでレジに並んでも、後列にお客さんが並んだ時にもう一つの不安が出てきます。

「よきせぬトラブルが起きたときはどうしよう?」

この不安は今でも私も持っています。

私のスマホの場合、電源→ロック解除→アプリ立ち上げの3タッチてバーコード画面まで辿りつきます。

しかし、アプリの開きが遅い、スマホが固まった、など思いも寄らぬトラブルがあるかもしれません。

最近の実体験ではクレジットカードの有効期間が間近に迫っていたので、紐付けの設定を決済直前に要求されました。

こんなトラブルが起きるときはだいたい後列に客がいるとき。

漫画の世界みたいですね。

 

恥をかかないための対処法

レジに並ぶまでにバーコード画面まで準備

結局レジに並んでから準備をするから、あたふたするのですo(T△T=T△T)o

店に入るまでにバーコード画面まで出しておいたらどうでしょう?

商品を選ぶのに時間がかかるのであれば、商品決定した時点で、その場で決済準備をして、レジに行く。

私の場合、ほぼコンビニでしか使わないので、店に入ると同時にバーコード画面を開き、商品を選ぶまでには決済の準備も終わっています。

 

他の決済手段も用意しておく

先程のクレジット紐付けトラブルが起きた時は、結局クレジットカードで決済しました。

私は基本的に財布は持ち歩かない代わりにスマホケースにクレジットカード・千円札を一枚・免許証を忍ばせています。

予期せぬトラブルでペイ払いが出来なくても、最悪その場を回避する手段に切り替えれます。

財布を持ち歩くのは荷物になるし、キャッシュレスの利便性を最大限に活かせませんが、財布があればとりあえずトラブルの対応はできますね。

 

その人は不審者ではありません。

以上の結果からレジ前でおどおどしている人がいたらペイ払いの準備をしている可能性があります。

これからペイ払いを検討している方は予期せぬトラブルを回避できる準備をして買い物に望みましょう。

f:id:koujikunma:20191113164721j:image

 

話は変わりますが、またGoogleアドセンス申請で「サイト停止、見当たらない」のいつもやつで門前払いされました。ちーん(ToT)/~~~

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 ↓ ↓ 今日はランキング何位かな?

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ

コメント