ついに見つけた!収納にも掃除にも困らないクリスマスツリー。

家族
家族

クリスマスツリーが壊れたんだけど、今年はどんなの買おうかな?

でも出し入れしたり、装飾したり大変なんだよね…。

もっと手軽なやつはないかな??

管理人
管理人

私の家もクリスマスツリーを新しく買ったのですが、収納も準備も手軽にできるクリスマスツリーを見つけました。

子供からの評価もバッチリでしたのでお任せください!

その時の様子を解説していきます。

この記事はこんな人に読んでもらいたい
  • 毎年クリスマスツリーを出すのが面倒
  • 収納スペースに困っている
  • ツリー周辺の掃除が大変だと感じている

壁掛けツリーは布でできている。

クリスマスツリーはこちらです!

クリスマスツリーの絵が描いてある布と電球とリモコンだけです。

騙されたわけではありません。大丈夫です。

でもクリスマスシーズン以外の保管には困らないことは一目瞭然ですね。

実際に設置していきます。

ツリーの設置方法

壁に貼ります 

準備するもの
  • 画鋲を4つ
  • 縦144cm✖横90cmが貼れる壁

4点を画鋲で貼りつけます。

貼ってみたらこんな感じです。

新築7年目、壁に穴をあけるのはまだ抵抗がありました。

あとで布の位置を調整するために1度画鋲を抜いてみましたが、壁の柄のせいか、ほとんど穴は見当たりませんでした。

イルミネーションライトを飾る

とは言え、ツリー現物がないのでどうやって飾るか?

とりあえずワイヤーをほどきます。

曲げ伸ばしが可能なため自由自在に飾れますが、あまりひどく曲げ伸ばしすると切れる恐れもあります。

説明書には例としてセロハンテープや練り消しでなどと書いてありますが、貼れればなんでもよいようです。

我が家ではテープで貼り貼りすることに。

上の方から下の方向へ。右や左にテープで貼りながら。

ワイヤーが想像より長かったので、間隔は詰め詰めで貼って大丈夫です

最後に仕上げでテープをペタペタ貼ります。

ワイヤーが落ちたら面倒なので多めに貼りましょう。

出来上がりはこんな感じです。

テープはそこまで目立ちません。

実際のライトをつけてみます

昼間はこんな感じです。

夜はこんな感じです。

布とは思えないクオリティ。3D化して見えます。

壁掛けクリスマスツリーの評価。布の良い所、悪い所。

メリット

  • とにかく設置が楽
  • クリスマスツリーは葉がぼろぼろ落ちていたが、こちらは「絵」なので葉が落ちることはない
  • 設置スペースとしては、壁があれば良い
  • 布なのでたためば収納スペースもほぼほぼ必要ない
  • 手洗い限定だが洗濯可能。ピンの穴も洗えば塞がる

デメリット

  • 数日たつとセロハンテープが剥がれるため補修が必要
  • セロハンテープの耐久では鈴とか靴下とかの装飾品が飾れない
  • イルミネーションはワイヤー使用なので数年で折れるかも

まとめ

子供はツリーの実物が喜ぶかもしれません。

我が子も最初は駄々をこねていました。

でも商店街などにいけばイルミネーションもあるし、実際に管理するのは子供ではなくパパです。

クリスマスツリーが無駄だとは思いませんが、掃除・設置スペース・収納などの手間を考えると、今後このようなツリーが当たり前化していくのではないだろうか?

みなさんもクリスマスの準備はお早めに(*^▽^*)

コメント