週刊介護マガジン

終わりが見えない介護。心構えは大丈夫?

こんなクリスマスツリーあり?壁に布を掛ければクリスマス。

今年のクリスマスは壁掛けツリーで行きます。

f:id:koujikunma:20191117211213j:plain

 

4年前にヤフオクで買ったツリーが折れたり、電球破損したりと限界がきたので今年は新品を購入。

ただし、準備・片付けの手間、部屋の狭さなどを考慮して今回は全く違うツリーを購入しました。

 

「まさかこんなものがあるとは!!」と中年おっさんのクリスマスツリーに対する概念をすっかり壊される品物。

しかしコスパも費用対効果も抜群で子供からの評価もバッチリ

 

 

 

壁掛けツリーは布でできている。

郵送されてきたクリスマスツリーはこれだけです・・・。

f:id:koujikunma:20191117211824j:plain

クリスマスツリーの絵が描いてある布と電球とリモコンだけです。

騙されたわけではありません。実際に大丈夫でした。

 

壁掛け方。クリスマスらしくなります。

4点を画鋲で貼りつけます。

新築7年目、壁に穴をあけるのはまだ抵抗がありますが仕方ない。

あとで布の位置を調整するために1度画鋲を抜いてみたが、壁の柄のせいか、ほとんど穴は見当たらず良かった。

縦144cm✖横90cm

 

貼ってみたらこんな感じです。

f:id:koujikunma:20191117211852j:plain

 

次はイルミネーションライトを飾ります。

っとは言え、ツリー現物がないのでどうやって飾るか?

とりあえずワイヤーをほどきます。

曲げ伸ばしが可能なため、自由自在に飾れる半面、あまりひどく曲げ伸ばしすると切れる恐れもあります。

普通にほどけば大丈夫です。

 

f:id:koujikunma:20191117212104j:plain
f:id:koujikunma:20191117212122j:plain

 

我が家ではテープで貼り貼りすることに。 

f:id:koujikunma:20191117212253j:plain
上の方から下の方向へ。右に行ったり左にテープで貼りながら。

ワイヤーが想像より長かったので、間隔は気持ち詰め詰めでいったほうが良いと思います。

 

最後に仕上げでテープをペタペタ貼ります。

ワイヤーが落ちたら面倒なので多めに貼りましょう。

出来上がりはこんな感じです。

f:id:koujikunma:20191117212343j:plain

テープは目立ちませんね。

 

完璧なクリスマスツリーです。布とは思えない。

昼間はこんな感じです。

f:id:koujikunma:20191117212435j:plain

 

夜はこんな感じです。 

f:id:koujikunma:20191117212450j:plain
布とは思えないクオリティ。

黒い影の個所に視点を合わせると3D化して見えます(マジで)。

 

壁掛けクリスマスツリーの評価。布の良い所、悪い所。

メリット

  • とにかく設置が楽
  • クリスマスツリーは葉がぼろぼろ落ちていたが、こちらは「絵」なので葉が落ちることはない
  • 設置スペースとしては、壁があれば良い
  • 布なのでたためば収納スペースもほぼほぼ必要ない
  • 手洗い限定だが洗濯可能。ピンの穴も洗えば塞がる

 

デメリット

  • 他にもアイデアがあるかもしれないが、セロハンテープでは飾れるイルミネーションの重さは限度があり。鈴とか靴下とか・・・
  • イルミネーションはワイヤー使用なので折れるかも

 

まとめ

子供はツリーの実物が喜ぶかもしれません。

我が子も最初は駄々をこねていました。

でも商店街などにいけばイルミネーションもあるし、実際に管理するのは子供ではなくパパです。

クリスマスツリーが無駄だとは思いませんが、掃除・設置スペース・収納などの手間を考えると、今後このような布の壁飾りツリーのような形態に以降するのではないだろうか?

 

みなさんもクリスマスの準備はお早めに(*^▽^*)

 

 

話は変わりますがTwitter始めました。Twitterの方でも絡んで頂けたらありがたいです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 ↓ ↓ 今日はランキング何位かな?

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ