【介護福祉士】試験対策 本日の一問一答 R3.9.19

麦マネ
麦マネ

今日もサクッと答えちゃいましょう!

問題

ICF※(国際生活機能分類)は、医学モデルから社会モデルへの転換として位置づけられた。

答え

サンジ
サンジ

答えは ❌ です。

解説

ICFは、医学モデルと社会モデルを統合したものとして位置づけられた。

ICIDエイチ(国際障害分類)からICF(国際生活機能分類)への変換

  • ICFは、ICIDHへの批判をきっかけに、障害当事者の参加を得て検討され、2001年の世界保健機関(WHO)総会で採択された。
  • ICIDHは、障害は病気や外傷などから直接的に生じるものであると考える「医学モデル」であった。
  • ICFは、「医学モデル」と、障害は環境と個人の相互作用から生じると考える「社会モデル」を統合したものである。
  • ICFの目的の1つは、健康状況などを実現するための共通言語を確立することにある。
  • ICFでは、ICIDHにおける「機能障害」を「機能障害(構造障害を含む)」に、「能力障害」を「活動の制限」に、社会的不利を「参加の制約」に置き換えた。

介護福祉士に落ちたくないですよね?

合格に近づく参考書が有る

一発合格して、上司に頼られる存在になりますか?

>>詳しくはこちら