介護にいくらお金を使う?介護サービスの組み立て方もお金次第。

f:id:koujikunma:20200118034055j:plain

要介護度により介護サービスの使える費用は違いますが、個人でも毎月介護に使えるお金は違います。

 

食費や家賃などの生活費も必要であり、一般的な世帯であれば介護サービスに使える金額はそんなに多いとは言えないと思います。

 

今回の解説ではケアマネが介護費用をどのように計算しているかをバッサリ解説していきます。

 

介護にどれくらいお金を使えるか確認

f:id:koujikunma:20191224001658j:plain

いやらしい話になりますが、本人がどれくらい収入があり、どれくらい介護サービスに使ってよいかもケアマネは確認しなければいけません。

 

というのも、介護サービスの種類はたくさんありますが、本人の収入(年金収入など)に見合ったサービスの量を調整する必要があるからです。

  

 

Amazonで小説を聴く。今なら無料!

   

 

介護サービスのお金の仕組みを解説

本人の要介護度に応じて毎月使える『区分支給限度額』というものが違います。

 

区分支給限度額
要介護状態区分支給限度額
要支援15032
要支援210531
要介護116765
要介護219705
要介護327048
要介護430938
要介護536217

 

区分支給限度額について簡単に解説すると、

  • 各介護度によって定められた限度額までは1割~3割負担でサービスを利用できる。
  • 限度額を超えてしまった場合は、全て10割負担

 このような仕組みが取られています。

 

元気な人(要支援1)ほど限度額は少なく、重度の人(介護5)ほど限度額が大きいことが分かります。

言い換えれば、『元気な人ほど使えるサービス料は少なく、重度の人ほど使えるサービス料が多い』ということです。

 

 

 

介護にかかるお金の計算

f:id:koujikunma:20191228083008j:plain

利用時間・加算・介護度に応じて料金に差はありますが、ここでは計算しやすいよう下記で統一とする。

  • 1ヶ月を4週として、本人負担割合は1割
  • デイサービス利用料は1回800円

 

要介護1でデイサービスを週5回利用する場合

800円✖20回=16,000円

要介護1の支給限度額は16,765円であり、限度額内に収まっていることが分かる。

 

要介護1でデイサービスを週6回利用する場合

800円✖24回=19,200円となる。

この場合、支給限度額の16,765円までは介護保険で認められるが、OVERしてしまった2,435円は介護保険からの支給が認められず、10割の自己負担で計算しなければいけない。

 

結果的に24回利用した場合は

支給限度額16,765+2,435円✖10割=41,115円の費用がかかることになる。

 

 

支給限度額内で抑えないと如何に金額に響くかが分かりますね?

 

介護度が重度になれば、支給限度額も大きくはなりますが、使うサービスの量も増えます。

 

例えば要介護4~5となれば、車椅子(600円程度)やベッドレンタル(1000円程度)も必要な場合が多い。

 

すなわち一つのサービス事業所だけでは足りないため、2か所3か所とサービスを寄せ集める必要がある。

 

そんな中でも支給限度額内の範囲で計算して調整するのはケアマネの仕事です。

 

 

※ちなみに住宅改修や福祉用具購入は支給限度額とは別計算なので安心してください。

 

 

他にも介護にかかるお金がはある

f:id:koujikunma:20191209001826j:plain

上記は介護サービス事業所(デイや福祉用具業者)に支払う計算であるが、実際にはもっと介護費用はかかっています。

 

例えば

  • デイサービスの食事代 1食500円程度✖20回
  • オムツ代
  • 医療費

など、いわゆる自費の部分である。

 

この自費の部分はかなり大きい出費となるが、ケアマネでは把握できにくい部分でもあるため、各家庭でおおよその料金を頭に入れておく必要がある。

 

  理想的な栄養バランスを追求! 日清医療食品の「食宅便」 

 

 

まとめ

お金が全てではないかもしれませんが、やはりお金は大事ですよね。

 

これは一部の富裕層を除けば、ケアマネとしても目を背けてはいけない事実だと思います。

 

かなりバッサリ解説しましたが、ケアマネは本人家族の目標を支援しつつも、現実的な介護サービス費用も含めたサービス調整を行っているという事を御理解頂けたら幸いです。

 

 

 

以上が介護サービスの組み立てもお金次第のまとめとなります。

 

かいごDB(デービー)

シニアのあんしん相談室

 

介護は終わりが見えません。大事なことは一人で抱え込まない事!

 

次回はケアマネの変更について解説を行います。

 

次回をお楽しみに(*^▽^*)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

良かったら↓をポチっとお願いします(^^♪

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

 

今なら無料体験実施中  ↓ ↓

コメント