訪問介護の入浴・訪問入浴・通所介護の入浴。何がどう違うか解説。

人は生きている間は「お風呂」とは切っても切り離せない関係にあります。

 

お風呂と一言でまとめましたが、要は「清潔を保つ行為」が必要である。

清潔を保てないと、匂いは勿論でありますが、皮膚疾患のもとにも繋がります。

 

高齢の方は入浴自体が困難な方もおりますが、どのような入浴方法が心身共に負担なく入れるかを私なりの経験のもとで解説をしていきます。

 

f:id:koujikunma:20200106230243p:plain

 

 

訪問介護の入浴介助

自宅の浴室で訪問介護員より入浴介助を受けます。

そのため、特定福祉用具購入でシャワーチェアーを購入したり、住宅改修で手すりを取り付けたりなど安全に入浴動作ができる環境整備も併せて必要ですね。

勿論、体を拭いてもらう(清拭)だけでも大丈夫です。

 

自宅の浴槽を跨いで浴槽の中まで入ることを想定すると、現に車椅子レベルの方では厳しいですね。

www.koujikunma.com

 

www.koujikunma.com

www.koujikunma.com

 

訪問入浴介護の入浴介助

専門業者が特殊浴槽を持ち込んで、2~3名対応で入浴介助を行います。

↑ ↑

上記の文面だけで分かるように訪問介護の入浴介助とは介護の手厚さが違います。

と考えると、車いすレベルから寝たきりレベルの方に重宝されるサービスであることが分かります。

 

www.koujikunma.com

 

通所サービスの入浴介助

デイサービスやデイケアも入浴介助はあります。

一般家庭にある浴槽~寝たままでも入れる特殊浴槽まで準備してあるので、要支援~要介護5の全ての方が対象と言えます。

www.koujikunma.com

www.koujikunma.com

 

どの入浴介助が一番良いのか

一概には言えませんが私の勝手な肌感覚の経験上では

サービス名状態・希望推定介護度
訪問介護家で入りたい。デイはあまり・・・介護1程度
訪問入浴介護寝たきり。介護4~5
通所サービス風呂も入りたいけど、それ以外も・・・支援1~介護5

これが絶対ではありませんが、概ねこんな感じのニーズや状態を一つの目安として判断し、サービス選定を行っています。

 

 

まとめ

f:id:koujikunma:20200103011053p:plain

入浴というのはとても大事な行為です。

清潔を保つことは勿論ですが、血行が良くなることや気分のリフレッシュも出来ます。

その反面で、高齢者にとってはとても体力が必要な行為でもあり、ケガなどのリスクも出てくる行為です。

 

【体を洗う→浴槽に浸かる】

までの行為が出来るに越したことはないのですが、それが必ずしも100%正解とは言えません。

状況状態環境によっては体を拭く行為が正解かもしれませんね。

 

要は【どの清潔保持の方法が、本人にも家族にとっても一番ベストな状況であるか】を選定する必要があると考えています。

 

今回の解説を一つの参考基準にして頂けたら幸いです。

 

以上が訪問介護・訪問入浴・通所系入浴のまとめとなります。

 

かいごDB(デービー)

シニアのあんしん相談室

 

介護は終わりが見えません。大事なことは一人で抱え込まない事!

 

次回は住宅改修のリセットについて解説を行います。

 

次回をお楽しみに(*^▽^*)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

良かったら↓をポチっとお願いします(^^♪

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

  

コメント