社会福祉士試験対策 本日の一問一答 R3.8.2

【高齢者に対する支援と介護保険制度】より出題です。

ちなみに本日の問題は、

第33回社会福祉士試験の問126です。

問題

「令和2年度版高齢者白書」(内閣府)によると、要介護者等において、介護が必要になった主な原因で最も多いのは、「認知症」となっている。

答え

ナミ
ナミ

答えはです。

要介護者等において、介護が必要になった主な原因を見ると、「認知症」「脳血管疾患(脳卒中)」「高齢による衰弱」「骨折・転倒」の順である。また、男女別に見ると、男性は「脳血管疾患(脳卒中」、女性は「認知症」が多い。

麦マネ
麦マネ

もっと問題を解きたい方はコチラをどうぞ。