【社会福祉士への合格】今日も一問一答で勉強するよ R3.9.10

本日の問題は、

第33回、問119です。

問題

社会福祉法人は、経営安定化を図るため、収益事業を行う義務がある。

答え

ナミ
ナミ

答えは ✕ です。

解説

社会福祉法第26条において、その経営する社会福祉事業に支障がない限り、公益を目的とする事業(※公益事業)又はその収益を社会福祉事業もしくは公益事業の経営に充てることを目的とする事業(収益事業)を行うことができるとされている。よって収益事業を行うという義務はない。

公益事業と収益事業

公益事業とは、介護老人保健施設や有料老人ホームの経営など社会福祉と関係のある公益を目的とする事業のことである。収益事業とは、駐車場の経営や公共的な施設内の売店の経営などで、その収益を社会福祉事業・公益事業に充てることを目的とする事業のことであり、事業の種類については法人の社会的信用を傷つける恐れがあるものや投機的なものは適当でないとされている。

社会福祉士国家試験に落ちたくないですよね?

小学生でも分かるような参考書が有り。

社会福祉士と呼ばれたくありませんか?

>>詳しくはこちら

社会福祉士、一問一答は使うべき?【画像たくさん】徹底レビュー!