週刊介護マガジン

終わりが見えない介護。心構えは大丈夫?

介護用品の販売は最大9割支給。介護のプロが解説します。

介護用品は介護保険を使った方が安い。

前回、『介護用品のレンタル』の解説を行いましたが、中にはレンタルに馴染まない商品もあります。

 

介護用品レンタルについては ↓ ↓ を参照。

www.koujikunma.com

 

レンタルに馴染まない物は人の肌に直接触れる商品です。

 

そのような物は購入するしかないのですが、やはり安いものではありません。

 

ホームセンターやインターネットでも安価で販売されていることもありますが、公的介護保険を使えば販売価格の最大9割支給で購入することができます。

そのことを【特定福祉用具販売】と言います。

 

手続きは簡単なので使えれる制度は使い、在宅介護を楽に行いましょう!

 

シニアのあんしん相談室

 

特定福祉用具販売とは

入浴や排せつなどに使用する福祉用具の購入費を1年につき10万円(支給は最大9万円)を上限に支給されます。

 

対象者は要支援1・2と要介護1~5の認定を受けている方です。

 

※最大9万円(9割)の根拠は、介護保険を利用するにあたり、負担割合がそれぞれ違うためです。

負担割合については ↓ ↓ こちらを参照。

www.koujikunma.com

 

 

介護用品の販売対象は?

腰かけ便座

便座関係が数種類ありますが、主にポータブルトイレと呼ばれる簡易トイレを指すことが多い。

 

入浴補助用具

足が悪い人も入浴の全般の動作を安易に行える道具で入浴用いす(シャワーチェアー)・入浴台などがあります。

 

自動排泄処理装置の交換可能部品

尿瓶を使う要領で排尿すると、管の先のタンクに自動的に溜めてくれる機械が介護用品のレンタルができます。

購入するのはその機械ではなく、陰部に充てる付属品です。

 

移動用リフトのつり具

寝たままつり具に乗せてベッド⇔車椅子間を機械で移動させれるリフトのレンタルがあります。

つり具部分はレンタルではないの購入します。

 

簡易浴槽

空気式又は折りたたみ式などで簡単に移動ができるもの。

イメージとして子供用のプール。

 

 

販売数が多い介護用品

     f:id:koujikunma:20191229190003p:plain

  • 腰かけ便座(ポータブルトイレ
  • 入浴補助用具の中の入浴用いす(シャワーチェアー

ほぼこの2点が特定福祉用具販売を独占しています。

 

 

ポータブルトイレとシャワーチェアーが独占している理由は、両者とも1割負担で1000~2000円の支払いでよい事と使い方が簡単であることです。 

 

参考なまでにインターネットで購入した場合の金額

 

例えば簡易浴槽を購入して家族の慣れない介護を行うより、デイサービスや訪問入浴を頼むなど、プロに任せた方がコスパが良いためである。

 

 

介護用品の販売でよくある質問

ホームセンターやインターネットで買ったポータブルトイレは対象か?

事前に都道府県知事の指定を受けた事業所で販売される特定福祉用具を購入した場合に限り、福祉用品の購入費が支給されます。多分、両者とも違うと思います。担当のケアマネが紹介する福祉用品の業者であれば間違いないでしょう。

 

まとめ

介護保険の性質上、介護用品は基本的にレンタルですが、レンタルに馴染まないものは最大9割の支給で購入ができます。

 

レンタルや介護用品の販売を上手く使い、在宅介護の負担を少しでも減らしてください。

 

尚、ポータブルトイレとシャワーチェアーは売れ筋が良いので、介護用品業者に在庫ストックがあり、早くて当日中に納品できるでしょう。

インターネットより早くて安いですよ('ω')ノ

 

以上が介護用品販売のまとめとなります。

 

かいごDB(デービー)

 

介護は終わりが見えません。大事なことは一人で抱え込まない事!

 

次回は住宅改修について解説を行います。

 

次回をお楽しみに(*^▽^*)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

良かったら↓をポチっとお願いします(^^♪

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村