特養とは?利用者にとって最大のメリットとデメリットを解説します。

f:id:koujikunma:20191216012510j:plain

 

施設入所というとポジティブなイメージよりネガティブなイメージがどうしても強いんですよね。

「本当は家で過ごしたい」「家で過ごさせたい」という気持ちと真逆な行動をせざる得ない気持ちの押し殺し部分でしょうかね?

今回の記事では特養に入所する人を待ち受けるメリットデメリットをケアマネージャーの経験を元に解説します。

個人的な見解であり、本人家族さん・施設職員さんに悪い思いをさせるかもしれませんが、その場合はミュートしてください。

 

利用者としての特養のデメリット 

特に特養に限ったことではありません。

これは施設の経営方針として、どこまで配慮されているかによります。

 

プライバシーを奪われる。

介助が必要で入所したわけなので、介助者のお世話にならなければいけません。

特にトイレ関係や入浴関係は異性はもちろん、同性にだって見せたくないですよね。

 

だけど、それでも介助を受けなければいけません。

受けなくてよいのであれば施設に入所する必要はないのですから。

 

勿論、施設側もプライバシーには出来る限りの配慮は行いますが、限界がありますね。

 

 

自由を奪われる。

プライバシーと似ているかもしれませんが、いちいち職員さんに行動をチェックされ、監視下のもとで生活となります。

 

差し入れを食べて、血圧や体重に変動でもあった日には、とりあえず没収ですね。

体調が悪くなっては困る、ケガをされては困りますね。

 

 

頭がおかしくなるかも

やむを得ない理由により入所している要介護1~2が10%。

要介護3の割合は約20%。

要介護4の割合が約33%。

要介護5の割合が約33%。

 

偏見と言われても仕方ありませんが、重度者の中で集団生活介護を受けるとなると、頭がクリアーな方は精神的に参りますよ。

しかしこれは現実です。

 

 

利用者としての特養の最大のメリット

f:id:koujikunma:20191216014226j:plain

生命の安全を確保される。

特養のスケジュール例
時間やる事
6:30起床
7:30朝食
9:00体操
9:30入浴
12:00昼食
13:00昼寝
15:00おやつ
18:00夕食
19:00就寝
22:00オムツ交換
2:00オムツ交換
5:00オムツ交換

施設によって内容や時間は違いますが、概ねこんな感じですね。

入浴は2~3日に1回、その代わりの時間はリハビリを行うなど代替えはあります。

 

さて、このスケジュールを見てどう思いますか?

「寝てばかりだからメチャ楽じゃん」と思うかもしれませんが、この人たちが家で家族介助のもとでこれだけのスケジュールを超大変です。

1日だけなら…と頑張れるかもしれませんが、介護に終わりは見えませんからね。

 

昼間のスケジュールはデイサービスでなんとかなるが、問題は

仕事に就いている家族であれば、夜中のオムツ交換はそれは大変ですよね。

 

中には徘徊により昼も夜も目が離せない人もいるかもしれない。

 

そんな個々人の状態に合わせたケアを特養は行ってくれます。

もちろん集団生活のため、流れ作業的な面や上記デメリットもありますが、生命の安全性は確保できます。

 

利用料金を安く抑えられる。

こちらに ↓ ↓ 過去記事を載せていますのでご覧ください。
www.koujikunma.com

 

 

家族にとっての最大のメリット

こちらに ↓ ↓ 過去記事を載せていますのでご覧ください。

www.koujikunma.com

 

まとめ

一昔前までは老人ホームを「姥捨て山」と呼ぶなど、高齢者自身の中では今でもあまり良いイメージがありません。

逆に若い人達は福祉教育を受けているので、そこまで抵抗はないと思います。

 

そしてその頃の老人ホームと現代の特養では天と地ほど違いがあるでしょう。

 

確かに今でもデメリットの部分はありますが、人が人の介護をしているのだから仕方ありませんよね。

それよりもメリットに目を向けて施設探しをしてみたらどうでしょうか?

 

以上が特養入所のメリットとデメリット(入所者編)のまとめとなります。

 

 

介護は終わりが見えません。大事なことは一人で抱え込まない事!

 

 

次回は介護老人保健施設について解説を行います。

 

 

次回をお楽しみに(*^▽^*)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

良かったら↓をポチっとお願いします(^^♪

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

 

コメント

  1. yamauba より:

    こーちゃん (id:koujikunma)様、こんにちは。山姥です。
    突然ですが、今夜更新のブログでこちらをご紹介させていただきたく存じます。ご了承のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

  2. koujikunma より:

    山姥様、コメントありがとうございます。
    批判もあるかもしれませんが、良くも悪くも現実的なことを記載しました。
    少しでも介護をしている家族さんの役に立てればと思います。

  3. yamauba より:

    こーちゃん様、こんばんは。ブックマークありがとうございました。全体的にふざけた感じの中の紹介になってしまい申し訳ございません。訂正等、何かございましたらお気軽にお申し付けください。本当にとても頼もしい存在で力が入ってしまいました。ありがとうございました。

  4. koujikunma より:

    ブログの紹介までして頂いてありがとうございます。しつかり購読されていたことを知り励みになりました。ありがとうございます。