要介護【要支援1・2、要介護1~5】の違いが学べる記事。

f:id:koujikunma:20200201005347j:plain

要介護や要支援という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、それがどのような状態か知っていますか?

介護度により使えるサービスや使える金額(支給限度額)が違うことを知っていますか?

 

担当ケアマネさんに「〇〇で困っているから〇〇を使いたい」と任せきりではいけません。

 

今回の記事では要介護度(要支援1・2、要介護1~5)の心身状態の基準や支給限度額の違い、サービス利用のポイントを解説します。

 

この知識を得ることで、ケアマネ任せでなく、更に深く介護保険サービスを利用できると思われます。

 

 

 

 理想的な栄養バランスを追求! 日清医療食品の「食宅便」 

 

 

要介護度の区分とは?

「要介護」「要支援」「自立」の3つに区分されている

f:id:koujikunma:20200201013755j:plain

介護認定は介護の必要性の高い順に以下のように区分されます。

 

要介護5→要介護4→要介護3→要介護2→

要介護1→要支援2→要支援1→自立(非該当)

 

介護認定は「介護の必要性」の目安となります。

 

自立(非該当)すなわち、『介護の必要性はない』と判断され介護サービスは受けることができません。

 

介護サービスを受けるには介護認定を受ける必要性があります。まだお済みない方はこちらを参考ください。

www.koujikunma.com

 

 

要介護度に応じてサービス数や支給限度額に違いがある

f:id:koujikunma:20200201013907j:plain

介護認定が決定すると介護保険被保険者証(通称:介護保険証)が送られてきます。

 

介護保険証には認定区分や有効期間・支給限度額などが記載してあります。

 

www.koujikunma.com

 

介護度が高いほど使えるお金も多く設定してあります。

 

ADLとIADLを基準に要介護度が分けられる

f:id:koujikunma:20200201012904j:plain

ADL(日常生活動作)とは日常生活の基本的な動作を指します。

例えば、起き上がる・立ち上がる・歩行・排泄などです。

 

IADL(手段的日常生活動作)とはADLを使って目的を達する動作を指します。

例えば、買い物、調理などが分かりやすい例です。

 

認定を受けるための調査(認定調査)ではADL・IADL以外にも認知症状なども調査項目となっています。

調査項目一覧

麻痺の有無 拘縮の有無 寝返り 起き上がり 座位保持 両足立位保持 歩行 立ち上がり 片足立位 洗身 爪切り 視力 聴力   移乗 移動 えん下 食事摂取 排尿 排便 口腔清潔 洗顔 整髪 上衣着脱 ズボン着脱 外出頻度   意思伝達 日課の理解 生年月日を言える 短期記憶障害 自分の名前を言える 季節の理解 場所の理解 徘徊 外出して戻れない   被害妄想 作話 感情不安定 昼夜逆転 同じ話をする 大声を出す 介護抵抗 落ち着きない 外に出たがる 収集癖 物を壊す ひどい物忘れ 独り言、独り笑い 自分勝手な行動 話がまとまらない   薬の内服方法 金銭管理 日常の意思決定 集団への不適応 買物 調理   障害高齢者の日常生活自立度 認知症高齢者の日常生活自立度   14日以内に受けた医療

 

要介護とは?

f:id:koujikunma:20200201010818j:plain

要介護とは日常的に介護が必要な状態です。

区分目安
要介護1杖歩行やシルバーカー歩行。杖なし歩行も可能。車椅子を使っている事は少ない。認知症があっても注意していれば生活はできる。
要介護2まだ杖などを使えば歩けるが、車いすを使った方が楽な場合もある。認知面ではかなりの注意が必要で一人暮らしはギリギリ状態。
要介護3かなり車椅子を使っている割合が多くなってきた、もしくわ認知症がかなり進んでいる。一人で生活するのは難しいです。家族構成によっては施設入所を検討!
要介護4ベッド上で寝ている時間が多い。認知症でも徘徊などの問題行動も目立つ。意思疎通もほぼ取れなくなってきた。
要介護5要介護4の状態に加え、介助者も2名体制で介助することも多い。意識障害があり、常に目をつぶっていることもある。

要介護5であっても一人で歩ける場合もあり、代わりに認知症により全く目が離せない場合もあります。

あくまで目安と考え、総合的に判断する必要があります。

 

 

自分で言うのもなんですが、けっこう当てることができます。

 

 

要支援とは?

f:id:koujikunma:20200201012438j:plain

要支援とは部分的に介助が必要だが、日常生活は比較的自立した生活を送れている状態である。

区分目安
要支援1ほとんど介護は必要とせずに自立している。身の回りのことはほぼ自分で行える。
要支援2身の回りのことは自分でできるが、少しお手伝いが必要な状態。ADLよりもIADL(買い物や調理など)に不便を感じている。

 

 

自立(非該当)とは?

f:id:koujikunma:20200201011043j:plain

「自立」とは要介護区分にも要支援区分にも該当しなかった状態です。したがって介護保険サービスを使えません(使うのであれば全額自己負担)。

とは言え、年齢を増すごとに体の動作は鈍くなり、生活にも支障はでてきます。

いくら元気で介護が必要でなくても80~90歳代になれば、なにかしらの認定は下りることが多いです。

 

大正ヘルスマネージ大麦若葉キトサン青汁

 

要介護は「介護サービス」、要支援は「介護予防サービス」の支給

f:id:koujikunma:20200201011328j:plain

介護度によって使えるサービスが違います。

まずは自分が「要支援」なのか「要介護」なのかを把握しましょう。

 

☆注意☆

「要支援1・要支援2」と「要介護1・要介護2」を間違えて覚えていることがあります。理由は数字が一緒なので、単なる見間違えです。

 

要支援と要介護では受けれるサービスが違う

具体的には車椅子は要介護2以上のレンタルの制限などがあります。

ある程度自立した方が要支援者であるため、車椅子の必要性も想定できないことが理解できます。

www.koujikunma.com

 

担当ケアマネージャーも違う

f:id:koujikunma:20200201012010j:plain

要介護者は居宅介護支援事業所のケアマネージャーがケアプラン作成を行います。

 

要支援者は地域包括支援センターの保健師などがケアプランを作成します。

www.koujikunma.com 

介護保険サービス費と要介護度

デイサービスや訪問介護などの介護保険サービスを使うには1~3割の自己負担で使えます。

www.koujikunma.com

 

要介護度によって支給限度額が違う

f:id:koujikunma:20200201013344j:plain

しかし、1~3割の自己負担で無限に介護保険サービスを使えるわけではない。

 

認定区分に応じて、支給限度額というものが設定されており、支給限度額を超えた費用に関しては10割の自己負担となります。

 

又、要介護度が重くなるほど支給限度額を多く設定してあります。

 

以下が要介護度に応じた支給限度額となっています。

要介護状態区分支給限度額自己負担額(1割の場合)
要支援150,030円5,003円
要支援2104,730円10,473円
要介護1166,920円16,692円
要介護2196,160円19,616円
要介護3269,310円26,931円
要介護4308,060円30,806円
要介護5360,650円36,065円

 

認定が1段階上がるごとに約5,000円ずつ使える金額が上がることが分かります。

 

更に実践的な記事はこちらで解説しています。 

www.koujikunma.com

 

要介護度が増えると負担金が増えるカラクリ??

f:id:koujikunma:20200201012200j:plain

介護度が上がれば支給限度額も上がり、使えるサービス内容も、回数も多くなることに基本的に間違いはありません。

 

よって、「使わなければ損!支給限度額ギリギリまで使った方が得!」と思われるかもしれませんが、必ずともそのような仕組みにはなっていません。

 

基本的に訪問看護や訪問介護などの訪問系サービス及び福祉用具レンタルに関しては要介護度に関係なく同じ料金設定がしてあります。

 

しかし、通所系(デイサービスなど)や短期入所系(ショートステイなど)や入所系サービスは介護度に応じて料金体制が違い、介護度が高くなればなるほど1回あたりの利用料金も高くなる仕組みとなっています。

 

 

以上が要介護の違いについてのまとめとなります。

 

かいごDB(デービー)

シニアのあんしん相談室

 

介護は終わりが見えません。大事なことは一人で抱え込まない事!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

良かったら↓をポチっとお願いします(^^♪

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

 

今なら無料体験実施中  ↓ ↓

コメント

  1. jibunseiri_sdw より:

    とても参考になります!何回も読み直してしっかり身に付けたい知識です。いずれは自分もお世話になりますからね♪

  2. reveilchat より:

    要介護3の父が昨年亡くなり要支援1の母が一人暮しです。
    週に1回デイサービスに通っています。
    介護保険の利用わからない事が多く大変参考になってます。