【厳選】社会福祉士の過去問の選びかた|答えは1つだった。

社会福祉士の過去問、どれを買おうかな

色んな出版社から販売されている社会福祉士の過去問…

なにがどう違うのでしょう?

立ち読みしても、何をどのように比較すればよいか分かりません。

そこで!

私がおすすめの過去問を買ってレビューしました。

この記事を読んで分かること
  • 過去問と解説集のちがい
  • 過去問の選び方
  • おすすめの過去問
  • 他に必要なものは?
  • お得に買う方法

自己紹介

普段は現役ケアマネとして居宅介護支援事業所で働いています。

【資格】社会福祉士、主任ケアマネ、介護福祉士

詳しいプロフィールはコチラをどうぞ。

社会福祉士、過去問と解説集のちがい

そもそもですよ…

なんで過去問がこんなにたくさんあるの

どこの出版社が出しても、過去問は過去問でしょ!

過去問』と『解説集』に分けて考えましょう。。

過去問

言葉の通りですが、

【社会福祉士国家試験の歴代の問題】

これこそが正真正銘の過去問です。

だからどこの出版社の過去問であろうと、問題や答えは一緒です。

じゃあ何がどう違うの?

麦マネ
麦マネ

そこで出てくるのが解説集です。

解説集

解説集とは、過去問に対する解説です。

ここが各出版社によって違うということを覚えておきましょう。

麦マネ
麦マネ

どう違うのかは後述しますね。

社会福祉士、過去問を選ぶ時のポイント

社会福祉士の過去問を選ぶときは

  • 参考書との連動
  • 解説ページの使いやすさ

この2つをしっかり確認しておきます。

どちらも社会福祉士の勉強方法で、かなり重要なことです。

参考書との連動

ここは最重要ポイント!絶対に覚えておこう!!

原則として、

過去問の解説=参考書の内容』でなければなりません。

そうしないと、

過去問のココの解説参考書ではどこに書いてあるの?

とイチイチ勉強を中断。

だから、過去問の解説と参考書は連動していなければなりません。

そのうえで、

  • 用語
  • 内容
  • 赤字やマーカー

これらも同じであるほど、勉強の効率が上がるのは言うまでもありません。

解説ページの使いやすさ

答えや解説はすぐに確認できる場所にあると集中力が続きます。

  • 問題と同じページに解説がある
  • 隣や裏のページに解説がある

逆にイチイチ探さなきゃいけないのは、手間でしかありません。

  • 問題と解説が、数10ページ離れた場所
  • 問題と解説は別々の本

解説が『適切な位置に掲載されている』過去問を選びましょう。

社会福祉士、おすすめの過去問

おすすめの過去問は中央法規です。

私も中央法規を使って合格しましたが、申し分のない過去問&参考書となっています。

参考書の連動

繰り返しですが、『過去問の解説=参考書の内容』でないといけません。

こちらは中央法規の参考書

『第31回、問題88、問5』の問題が参考となっている。

内容についても、過去問と参考書がウリ二つ。

これだけ過去問と参考書の内容が連動していると、集中して勉強ができます。

解説ページの使いやすさ

繰り返しになりますが、過去問の解説は『適切な位置(ページ)』に掲載されていないと困ります。

中央法規の構成

1ページの中に問題と解説、答えまで書いてあります。

だから、あちこちページを開いたり、探したりする手間がありません。

問題を考えている間に、答えまで見えないかしら?

麦マネ
麦マネ

こちらの赤シートで隠せば、解答は見えません。

大きさ

縦25.8✕横18.5✕厚さ3.4

重さ 955g

結構重いですね。ペットボトル2本分。

本来であればユーキャンの社会福祉士講座も紹介したかったのですが、ユーキャンは【過去問+解説集】というやり方でないので、ここでは省略します。

社会福祉士、過去問以外に必要なものは?

【絶対に必要なもの】

社会福祉士の参考書

これがなければ話になりませんレベル

社会福祉士の『過去問』と『参考書』は必ずセットで購入しましょう。

【あれば便利なもの】

一問一答

空き時間を使って効率よく勉強したい人にはおすすめです。

社会福祉士の過去問をお得に買う

社会福祉士の資格を取るまでには結構お金がかかります。

少しでも安く過去問を手に入れたくありませんか?

中央法規の過去問

Amazon、楽天、ヤフーショッピング、これらをECサイトから買えば、ポイントもつくし、送料無料なのでガソリン代も節約できます。

社会福祉士過去問解説集 令和4年5月2日発売

【まとめ】社会福祉士、過去問の選び方。最強はどれ?

社会福祉士、過去問を選ぶ際に、最も重視することは、

参考書と連動している』ことです。

連動していればしているほど、勉強はやりやすく、

すなわち一番の近道は、過去問も参考書も同じ出版社を選ぶことで、失敗はなくなります。

その中でも、おすすめの過去問は中央法規の過去問です。

社会福祉士国家試験に落ちたくないですよね?

再現性あり、確実に合格する勉強法

社会福祉士と呼ばれたくありませんか?

社会福祉士過去問解説集 令和4年5月2日発売