社会人でも社会福祉士に一発で合格しました。勉強法のポイントは2つ。

社会福祉士の試験って出題範囲が広くてどこを勉強すればいいか分からない…。

仕事も家庭を持っているから絶対に一発で合格したい!

どんな勉強法がいいのかな…??

社会人の方が資格試験に望むのは時間的にも金銭的にも本当に大変なことですよね。

私もまったく同じ経験をしたので凄くわかります。

それでも一発で合格することができました。

その勉強方法について公開しますので、今から試験対策をする方の参考になれば幸いです。

この記事を読んでわかること
  • たった2つのポイントを1年間継続することができたら合格できる
  • 特別なスクールに通う必要もなく、費用は1万円ほど

< 経歴 >

  • 平成28年度 社会福祉士の通信コース入学
  • 平成29年度 社会福祉士の通信コース卒業
  • 平成29年度 社会福祉士試験合格

試験当時は妻が妊娠8ヶ月中。

私は昼間の仕事、洗濯や皿洗いなど家事育児も行いながら勉強。

それでも要領よく勉強することで試験は一発で合格しました。


学校おすすめの社会福祉士の教材はいらない

  • 内容が難しすぎる
  • 主題範囲が広いのに、まとめられていない

学校などで推奨されるような教科書は必要ありません。

学校推薦の教科書は

『社会福祉士になるための養成本』であり、『社会福祉士の試験対策の本』ではありません。

中身をみればわかるのですが、全くまとまってなく、固すぎる表現。

過去問の内容ですらどこに書いてあるか分かりません。

社会福祉士は出題範囲がとても広いので、ぎゅっと濃縮された教科書を使う必要があります。

社会福祉士
社会福祉士

私は通信学校へ入学した時に、学校おすすめの「新・社会福祉士養成講座テキスト全21巻」を購入しました。

ぶっちゃげ勉強法としてはまったく役に立たない。

確か5万円程度で買ったものをメルカリで1万円で売りました…。

社会福祉士の教材はこれだけ【ポイント①】

出版社によって解釈が微妙に違います。

あれもこれもと手をださずに「これ!」という教材を1本に絞りました。

教材は2冊だけ

  • 中央法規のワークブック【共通】
  • 中央法規のワークブック【専門】

あとで解説する過去問題集とも連携した内容となっています。

必要以上に難しい用語は使ってありませんので最低限の専門用語だけを覚えれます。

大事なところには赤文字で書いてあり、赤シートで隠れるシンプルな仕組みです。

試験に出やすい箇所を濃縮して解釈してりますので、教科書はこれ一択です!

【最新】ワークブック共通科目

2020年5月27日発売予定

【最新】ワークブック専門科目

2020年5月27日発売予定

問題集は1冊だけ

  • 中央法規の過去問 解説集

過去3年間の過去問を中央法規が解説しています。

そして前述したワークブックと連携しているため、分からないところはワークブックに戻れる勉強法です。

  • 試験では過去問と全く同じ内容が出題されることはない
  • しかし表現が変わるなど過去問に似た内容がでる
  • だから過去問をしっかり理解することが大事

【最新】過去問題集

2020年4月25日 発売予定

効果的な勉強法

ここからは私が実際にやった勉強法について深く解説していきます。

ワークブックを読む

まずはワークブック【共通】【専門】の2冊を一通り読みます。

この時点では中身の理解ができなくても良いです。

2か月ぐらいかかるかもしれません。

意地でもよいので一通り読みました。

ここでの目標は全体的な流れをなんとなく理解するだけです。

過去問とワークブックを完全に紐付ける

  1. 過去問を一問解く
  2. 過去問で出された箇所をワークブックの方でマーカーを引く。 ※年度別に色分けした方がよい(1年前はピンク、2年前は黄色など…)
  3. 過去3年間分を繰り返す

これが終われば過去3年間の重要な箇所に色が付いたワークブックが出来上がります。

そしてここで気付きました。

『ワークブックで色のマーカーがついた個所は過去3年間続けれ出題されいる』

という事に。

ということは今年度も・・・??

そしてこの作業が終わる頃にはワークブックを4回読んでいることになります。

『ここが大事なんじゃないか?』というのがなんとなく感覚的にも実感できてきました。

本腰を入れて覚えていきます

  1. 過去問を解きます
  2. 『分からなかった』『少しでも自信がなかった』と思ったら、ワークブックに戻る
  3. 分からない箇所だけでなく、その前後のマーカー部も一緒に覚える
  4. これを一問一答でひたすた繰り返す。

科目が多いので、覚えては忘れの繰り返しになるんですが …

一言コメント

前日勉強した部分も復習してください。

最初は絶対に時間がかかります。

それでも繰り返すうちに少しずつ少しずつ覚えます。

忘れないように鬼作業をするしかありません。

だから覚える所が濃縮された教材を使う必要があるんです。

ノートは使わない

ノートが増える=教科書が増えるのと一緒です。

ノートに大事なポイントをまとめてはいけません。

手書きが必要であればワークブックの関連ページに書き込む。

覚悟を決める【ポイント②】

ハッキリいって精神論の話ですが、モチベーションを維持するために必要です。

社会福祉士に合格するためには300時間程度の勉強時間が必要と言われています。

1日1時間勉強したとしても1年間かかります。

社会人の方で1日1時間勉強するのがどれだけ大変でしょう。

そして仮に落ちたときのことを考えてください。

また1年間繰り返しです。

それは自分だけでなく、家族の生活にも影響がでるのです。

私は過去に半端な覚悟でケアマネ試験に望み一度落ちました。

まだ独身ではあったものの、1年間の勉強時間が無駄となりました。

しかし社会福祉士の試験では家族状況が違います。

子供たちにこれ以上負担をかけることは恐怖でしかありませんでした。

精神論になりますが、長い勉強期間のモチベーションを維持するための『覚悟』を決めてください!

まとめ

  • ワークブックと過去問を繰り返しやるだけ
  • 絶対に一発で合格する覚悟を決める

この勉強法を1年間続けたら、社会福祉士の試験に一発で合格することができました。

社会人で勉強をするのは大変だと思います。

若いころに比べて、文章が頭に入らない、時間がないなどの学生と比べたら様々な課題があります。

それでもやらなけでばいけないのであれば、最短ルートで一発で合格しましょう!!

来年の3月に良い結果が出ることを期待して応援します!

あなたはどんな勉強方法で一発合格しますか?

【最新】ワークブック共通科目

2020年5月27日発売予定

【最新】ワークブック専門科目

2020年5月27日発売予定

【最新】過去問題集

2020年4月25日 発売予定