週刊介護マガジン

終わりが見えない介護。心構えは大丈夫?

ショートステイができる3つの施設。ショートステイとは?

 

~ご案内~

前回記事の次回予告で『要介護3以上は必見』と述べましたが、今回の記事ではその真相まで追及しておりません。

2部に分けた方がより分かりやすいと思ったためです。よければ次回作も購読お願いします。

 

では本題に入ります

f:id:koujikunma:20191227020505j:plain

介護のあるある悩み事

介護をしているのに、急な用事が入ったらどうしよう・・・

介護者の私が寝込んでしまったらどうしよう・・・

 

自宅で介護している方は必ず1回は直面したことがある悩みです。

年に1~2日程度なら他の家族とも協力し合って、介護をお願いできるかもしれませんが、急な用事なんて予測できないし、相手にも都合があるし、難しい問題ですよね。

 

急な用事が入っても、断るしかないか・・・

寝込んでもやるしかないか・・・

 

諦めてはいけません!そんな時は本人さんを泊まらせて介護してくれるやり方がありますから!

 

 

ショートステイとは

ショートステイとは介護保険施設などに一定期間宿泊し、必要な介護を受けることであり、介護者の用事や体調不良、リフレッシュ休暇のために使われます。

【短期入所生活介護】【短期入所療養介護】という名目に分かれます。

 

 

ショートステイが出来る施設

特別養護老人ホーム(特養)で行われるのが【短期入所生活介護

介護老人保健施設(老健)や病院などで行われるのが【短期入所療養介護

短期入所療養介護はほぼ老健であると考えて結構です。

 

どちらも必要な介護を終日通し受けることには変わりありませんが、短期入所療養介護が医療的ケアが手厚く、老健なのでリハビリも行われます。

 

 特養については  ↓ ↓ こちらを参照。

www.koujikunma.com

 

老健については  ↓ ↓ こちらを参照。

www.koujikunma.com

 

 

ショートステイで施設に支払う費用

介護度やどのような加算があるかにより違いますが、介護保険の費用が1割負担の方で

  • 特養の場合で約600~1100円程度
  • 老健の場合で約800円~1200円程度

 

食費・部屋代は別料金です。

負担限度額証が使えるので、居室料金も部屋のタイプと世帯収入により変わってきます。

負担限度額証については ↓ ↓ こちらを参照。 

www.koujikunma.com

 

 

具体的な利用方法

担当ケアマネさんに相談したら、本人に合ったショートステイ先を探してもらえます。

 

もしもショートステイと併設されたデイサービス(デイケア)に普段から通っているようであれば、顔見知りの職員さんや施設の雰囲気が分かっているので、その施設のショートを利用するのが一番良いでしょう。

 

☆ここでよくある質問☆

その施設のデイサービスに行っていないとショートステイも行けない?

全く関係ありません。ショート併設のデイに普段から通っているが、全く違う法人のデイサービスを使うことも可能です。その人に合っている施設を使うことが大事です。

 

10時頃に帰宅して、昼からはデイサービスに行ってよいだろうか?

その日はデイサービスに行けません。その日一日はショートステイにのみ介護報酬が発生します。デイサービスで介護を受けれないので、ショートステイで介護を受けてください。

 

家族では車に乗せれないので、送り迎えができないのだが?

片道92円の送迎加算というものがありますので大丈夫です。

 

ショートステイ施設の一日の流れ

    f:id:koujikunma:20191227022015j:plain

ショートステイの一日(例)
7:00 起床
7:30 朝食
9:00 健康チェック
10:00 入浴
12:00 昼食
14:00 運動
15:00 おやつ
18:00 夕食
21:00 就寝

事業所により違いはありますが概ねこんな感じで、そこに入所している方と同じスケジュールで過ごすことになります。

 

ちなみにショート開始時は9:00頃に迎えにきてもらい、ショート終了時は16:00頃に送ってもらいます。

 

送迎時間もデイサービス(デイケア)と概ね一緒です。

 

まとめ

ショートステイは介護度が重くなれば重くなるほどに必要な介護サービスと言えます。

利用者の中には【ショートステイ=入所】と思い、利用を拒む方もいます。

でも、そうではないんです。

今後も自宅で介護を続けるための必要なサービスなのです。

 

介護する御家族も、一人で抱え込み、自分を犠牲にされることも少なくありません。

 

私はいつも最後の文節で

「介護は終わりが見えません。大事なことは一人で抱え込まない事!」

で閉めていますが、まさにこの事です。

 

『頼りにしています』と有難い言葉をご家族よりケアマネジャーにかけてもらいますが、私達ケアマネージャーも御家族を頼りにしています!

 

あなた(ご家族)が倒れたら、ご本人も倒れるのと一緒です!

 

どうか介護に一生懸命になりすぎずに、ショートステイを利用してたまには旅行にでも出かけてきてください!お願いします!

    f:id:koujikunma:20191217151301p:plain

 

 

以上がショートステイのまとめとなります。

 

かいごDB(デービー)

 

介護は終わりが見えません。大事なことは一人で抱え込まない事!

 

次回はロングショートステイについて解説を行います。

 

要介護3以上の方必見!

在宅介護に限界を感じ始めている方は絶対に見た方がよい情報です。 

 

次回をお楽しみに(*^▽^*)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

良かったら↓をポチっとお願いします(^^♪

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村