週刊介護マガジン

終わりが見えない介護。心構えは大丈夫?

介護認定と通知。認定結果が届いたらどうすればよいの?

 f:id:koujikunma:20191126023358j:plain

今回は介護認定結果が届いたらどういう行動を取ればよいのかをまとめました。

ではいつものように介護サービスを受けるまでの流れについてまとめていますので、今回の立ち位置を確認ください。

 

相談からサービス利用までの流れ
相談 今現在(将来的にでも良い)困っている事を相談する。
 
申請 介護保険の認定の申請の手続きを行う。
 
主治医意見書 主治医から心身の状況の意見書を作成してもらう。
 
認定調査 調査員が訪問し、心身の状況を調査します。
 
審査・判定 訪問調査と主治医の意見書をもとに介護の必要性や程度を審査。
 
認定・通知 「非該当」「要支援1・2」「要介護1~5」のいずれかの区分で認定がおります。
 
ケアプラン作成 ケアマネージャーが本人にとって必要なサービスを考えケアプランを作成します。
 
介護サービス開始 ケアプランにもとづいて在宅や施設でサービスが利用できます。

 

 

介護認定について

介護認定審査会で判定された要介護度を市町村に認定されます。

判定と認定の違いは、事務手続き上の違いのようなものなので、あまり深く考えなくて大丈夫です。

 

www.koujikunma.com

 

通知について

こちらも言い方が紛らわしいですね。

【通知=交付】の類義語で使います。

認定審査会の結果が本人に書類として交付されるだけのことです。

制度上のことなので、深く考える必要はありません。

 

何を交付されるのか

介護保険被保険者証が交付されます。

ほとんどの市町村では 郵送によって交付されています。

また市町村によってはこの後の流れの説明文が入っていることもあります。

 

ちなみに介護保険被保険者証が正式名称ですが、世間一般的には介護保険証で十分通じますし、ケアマネージャーも省略して介護保険証と呼んでいます。

 

 

介護保険証が届いたらどうすればよいの?

この後すぐにやらなければいけないことは認定結果をケアマネージャーに知らせることです。

 

すでに介護サービスを利用している方

現在、介護サービスを利用している方は担当のケアマネージャーに認定結果を知らせましょう。

あとはケアマネージャーが必要な手続きを行ってくれます。

 

始めて介護サービスを利用する方

今から介護サービスを利用したい人はケアマネージャーを見つけるところから始めなければいけません。

 

ケアマネさんの知り合いなんていないんじゃが?

 

ケアマネージャーの宛が全くない人は一番初めに介護認定の申請に行った窓口に行きましょう。そこで本人家族の要望を聞きながら、複数の事業所を紹介してもらえます。

 

公平中立の立場から「どこどこの事業所がお勧めです!」などは言われませんので、最終的には本人家族でケアマネージャーの事業所を選ぶことになります。

 

 

ケアマネージャーの事業所を選ぶコツ

特に選定基準はありません。

というのもどこの事業所であってもケアマネージャーがやる業務内容は介護保険制度の中で決められいます。

事業所の加算の有無などにより多少の違いはあっても、本人に行ってくれる支援内容はほぼ一緒です。

選定基準を挙げるとすれば、

  • 家との距離が近いに越したことはない。
  • 知り合いの知り合いでも良いので、そのケアマネージャーと面識がある。
  • 本人が通う病院系列の事業所である。
  • 男性ケアマネが良いのか、女性ケアマネが良いのか

精神論みたいで申し訳ありませんが、そんなものです。

何故、このような事が言えるのかの根拠は、別の章で解説します。

基本的にどの事業所のどのケアマネージャーであっても、担当になればよく支援してもらえます。

 

以上が認定と通知のまとめとなります。

 

介護は終わりが見えません。大事なことは一人で抱え込まない事!

 

次回はケアプラン作成について説明を行います。

いよいよサービス利用開始に近づいてきました。

ケアマネージャーにバトンが渡され忙しくなってくるところですので、ケアマネージャーの仕事内容もリアルに表現していきます。

次回をお楽しみに(*^▽^*)

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

良かったら↓をポチっとお願いします(^^♪

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

 

しなりずむ